フライフィッシングやほのぼのとした日常を綴ります。


by pukupukurin824
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

曇りのち、ヤマメ。

b0177355_21164195.jpg
某フライ雑誌(といってもメジャー約2誌しかないけど)、の読者プレゼントで当選してしまった、Foxfireの「クイックジップⅡウェーディングシューズ」。今まで使用していたチョータのシューズは3シーズン目で、ソールも磨り減ってそろそろかな~と思ってたところ、このサプライズが金曜日に届いた・・・。




もちろん当選するとは思ってないから、ビックリ!実際履いてみると、少し小さいかな・・・って感じだけど、ヒモをゆるめてジャストフィット!!とても軽くて水はけもよく、歩きやすい!いや~うれしいな~

このプレゼントを履いて向かった川は、H沢。車止めから林道を30分歩いて到着。東北地方を低気圧が通過中で、気温が下がり曇り空。冷たい風が吹いている。気温16℃、水温9℃・・・あまりいい条件とは言えません。案の定まったく反応がなく途中で引き返すことに・・・。この渓は良型イワナが豊富なのですが、またおあずけです。

b0177355_22383725.jpg
 林道の帰り道。次のカーブを曲がったら熊が出そう・・・(汗)


b0177355_21542463.jpg
ジェットボイルでお湯を沸かし、遅めの昼食を・・・。

移動して、近くのヤマメの川に・・・。
ここはあまり人が入らないのか、魚がスレてなくて短い時間でも楽しめます。

b0177355_2232416.jpg



b0177355_22425231.jpg

b0177355_22441417.jpgアベレージは5~7寸ですが、無邪気にフライを追ってくれます。













この日のグッドサイズは、8寸弱。おなかがパンパンで、とても重かった。
b0177355_22505117.jpg


b0177355_22564195.jpg
 ぶら下がってる枯れ枝の下あたりで出ました。


しばらく釣りをしていると、ゲスト登場!

b0177355_23513595.jpg
  ファミリーで来ているようで、川で奇妙な細い棒を振り回している異端を観察しています。お父さんらしき猿が、「アンタがいるから川に降りれないよ~」と問いかけます・・・。

しばらくお互い見つめ合い、どちらも退こうとしません。
「ゴメンネ・・・」「まあ、いいさ・・・」

b0177355_23103071.jpg

b0177355_23105564.jpgしかたなく、お父さんが崖を降りてきて、ネギみたいな草を食べます。

今回もまた、釣りやすい川で満足してしまった・・・。良型のいそうな渓は、一筋縄ではいかず、苦労しても報われないことが多い。自然にどれだけ近づけられるかがフライフィッシングの魅力の一つだと思う・・・。自分はその時、自然に近づくことができなかった。鳥や獣や魚たちも厳しい条件の中で自然の営みを続けている。恐れ多くもその営みの中に、ほんの少しだけ交ぜてもらおうとしている自分。大自然のなかでちっぽけなその存在を実感した1日だった。
[PR]
by pukupukurin824 | 2009-05-23 23:57 | flyfishing