フライフィッシングやほのぼのとした日常を綴ります。


by pukupukurin824
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

楽園に幸運のピスタチオ

b0177355_2153115.jpg
何度この渓に通っただろう・・・。行くたびに違うドラマがある・・・。今日はどんなドラマが待ち受けているのだろう?




Hさんとの釣行の時はいつもこのピスタチオを、おやつとして二人どちらかのベストに忍ばせている。
いつもはHさんのベストに入っており、そしてその時はいつもいい釣りをしている・・・。

「いい釣りを・・・」

とHさんは僕にそのピスタチオを渡してくれた。

幸運のピスタチオ。

2人ニヤニヤして車を離れ、登山道へ向かった・・・。


b0177355_22114839.jpg

b0177355_221284.jpg

空気はひんやりし、日差しも夏のそれと違って秋のものだった。
緑はあざやかだが、盛夏よりもやわらかい感じがした。

川はやや水が少ないものの、小っちゃなプンプン虫や時おりコカゲロウも見られる。
僕の結んだフライは#16のプードル。
昨年、この時期実績のあったフライだ。

石の多く入った瀬のバブルラインをゆっくり流すと、勢いよくがっぷりと7寸ほどのイワナが出た。
b0177355_22245680.jpg


プールの開きや瀬尻では、ゆらゆらとエサを待つイワナの姿も結構確認できた。
ナチュラルドリフトを長く保てば、驚くほどゆっくりとフライに出てくれる・・・。
そんなイワナたちと遊びながらポカポカと柔らかい日差しの中、僕とHさんはのんびりと釣り上がっていった・・・。

b0177355_22303857.jpg


b0177355_2231139.jpg


b0177355_224855.jpg


ふと気づいてみると僕はコンスタントにヒットしていたけど、Hさんはなぜか少ない・・・。

「あれ?もしかしてピスタチオのせい!?」

この楽園ではどんなことでも起こりうるのだ・・・。

そんなことを笑って話ながらランチタイムを終え、次のステージへ・・・。
少し反応のないエリアをすぎて、必ずといっていいほど良型の実績がある長い瀬に到着。
フライも新しいプードルに交換した。
まずはHさんが9寸をヒット!
ポイントを譲ってくれて僕も少し上流へキャストを繰り返す・・・。

流芯脇のこげ茶色の沈み石が見える前あたりで、ふらふらとフライを見にきたイワナがいた。

「やばい!バレる!!」

すぐさましゃがんで、ひと呼吸おいてもう一度キャスト。
うまい具合にフライ先行でゆっくり流れた・・・。数秒後そのイワナはゆっくりと音もなくそのフライをくわえた・・・。
すっと潜るシルエットを確認してから、こちらもゆっくりとロッドを合わせた。
グンと重たい感触がグリップから伝わり、慎重にラインを手繰り寄せる・・・。

「こいつはデカい!あせるな!」

一度はするするとネットの近くまで寄ってきたが、異常に気づいたのかそいつは身体をひるがえし、上流に引っぱっていった。一瞬見えた身体は、この渓の尺上がそうであるようにイワナ特有の斑点が消え、ずんぐりとした長い胴体だった。

「やばい、これは取らなきゃ!」

頭の中では、以前その以前、尺上イワナをバラした経験がよぎる・・・。
慎重にティペットに負担のかからないようロッドでいなすが、その尺上はどんどんと上流に走る!
まるで大型犬の散歩で人が引っぱられているように!ほんとに引っぱられるようにしてそいつに付いていくと今度は、大慌てといった感じで石と石の間に潜り込もうとした。なんとか引きずり出したが、また少し上流の石の間に潜り込んでしまった。無理に引っぱるとティペットが切れるので、テンションをかけつつこらえていたがウンともスンとも、ピクリともしなくなってしまった。

ここで僕はすぐ下で見守っていたHさんにヘルプを頼んだ・・・。
僕とHさんはネットを持って上と下から石を挟むようにして、脇の邪魔な石をずらそうとした。
その邪魔な石にティペットは引っ掛かり、

「プツンッ」

「あ~~!?」「切れた~!!」

腰が抜け、へなへなと岩に座り込んだ・・・・・・。

浅い場所だったのだがその尺上イワナの姿はどこにもなく、天を仰いだ・・・。
もしキャッチしていたら今シーズンの有終の美を飾る一尾になることは、間違いなかったであろう・・・。

その後は心ここにあらずみたいなテンションで、力が入らず納竿の時間を迎えた。

帰りの登山道では時間が経つにつれ、冷静になり悔しくはあったが同時にすがすがしい気持ちに変わっていった。
まだまだだな・・・でもまた一つ経験した。残念ではあるが、いい経験だ。そう簡単に尺上イワナは釣らせてくれない・・・。そしてまた挑戦したいと・・・。

b0177355_23505126.jpg


b0177355_23511077.jpg



この楽園は、はっとするような鮮やかな緑と、うっとりするほど透明な水が流れ、僕らを迎えてくれる。
時にはやさしく時には厳しく・・・。
イワナたちも毎回違った反応をみせ、楽しませまた悩ませる。
今日も素晴らしいドラマを与えてくれたこの楽園も、まもなく禁漁を迎える。
少し寂しいが、また逢えるだろう・・・。

そして僕の釣りの旅はずっと続く・・・

b0177355_082040.jpg





↓ランキング参加しました。ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
by pukupukurin824 | 2009-09-22 00:31 | flyfishing