フライフィッシングやほのぼのとした日常を綴ります。


by pukupukurin824
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あの峪の向こう側

b0177355_21521974.jpg

 この1ヶ月公私ともにいろんなことがあってなかなか落ち着かない日々を過ごしていたけど、
なんとかこの日曜日少し時間が取れて、渓に立つことができました・・・。




時刻はa.m.11:00、入渓地点に降り立つとなんとアカマダラスピナーの乱舞!
そこは平瀬が続きますが、耳をすますと遠くでライズの音が聞こえる・・・

パイロットフライでアダムスパラシュートを結んでいたが、すぐさま#14の
アカマダラを模したパラシュートにチェンジした。
タイイングを始めたころに巻いたフライで、オレンジのポストがちょっとでかすぎたけど、
「まあいいや・・・」

ということでいきなりのヒット!

b0177355_22111042.jpg


川が少しカーブするところにできる深みでは、必ずライズがあった。

b0177355_22163722.jpg


でもとにかくハッチとライズがすごい!
ここは水生昆虫の量が他の渓と違う感じがします。

ポイントの上は木が必ずオーバーハングしており、夏も陸生昆虫の落下も多いのだろう、
ヤマメのアベレージサイズも7、8寸を超えてる感じがします。

b0177355_22213418.jpg

b0177355_22234996.jpg


なかなかいいリズムで釣り上がり、気分も高揚してきました!

15、6尾を掛けただろうか、そろそろ切り上げなければならない時間になってきて、

「あと1匹・・・」

というあせりも出ます。
そしてここで最後にしようと思ったポイントで・・・

b0177355_22323556.jpg

b0177355_22343859.jpg


b0177355_22362785.jpg


山は淡いグリーンが増え、山桜もポッと所々に彩りとてもやわらかい色彩が渓を囲んでいた。
水は温み虫たちもいっせいに羽化し、魚もそれを食べることに必死で盛んにライズを繰り返す・・・

自分はその自然の営みに混ぜてもらって、流れにふわりとフライを落とす。
静かにあるときは激しく、そのフライを咥えるヤマメ。

ラインをたぐり寄せるときりきりと音をたてるロッド、そして水面をローリングしながら
ネットに収まるその魚体は、この山のように少し淡い色合いの5月ヤマメ・・・

そんなうっとりするような時間を過ごすことができて、ちょっとハイになってます・・・

b0177355_22592722.jpg

b0177355_2301532.jpg







↓ランキング参加中です!ポチッと応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
by pukupukurin824 | 2010-05-16 23:10 | flyfishing