フライフィッシングやほのぼのとした日常を綴ります。


by pukupukurin824
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

新規開拓 2 ROUNDS

b0177355_2137374.jpg

この日一本目の登山道。標高が高いせいか霧がかかり無音の世界へ・・・





7月以来わんさんが山形入り。
二日前から来てたのだけど、自分の体が空かなくて最終日だけ一緒に釣りの予定だった。
その前日、本命の渓へ下見に行ってきたわんさんから電話があって次の日にかけてテント泊する
グループがいるとのこと・・・。

とりあえず行ってみて別の区間をやろうかとも思ったけど、わんさんのアイデアで新規開拓をしましょう!
ということに。

地図を見ながら長い林道を車で登り詰めると土砂崩れの通行止めのロープが。
初めてのため勝手がわからず無理せず引き返そうかとも話しになったけど、

「歩いてとことん行ってみよう!」

と超ポジティブシンキング。一人だったら絶対あんな怖い林道を行きません!

歩いていくと確かに土砂崩れはあったけど車一台は通れるし、実際に真新しいタイヤの跡もあった。
やっとこさ登山道の入り口にたどり着くと、車がやはり止まっていた。
体力や時間をロスしたけど、それも初めての新規開拓の苦労でしょう。

そして片道40分のダウンの登山道・・・ということは帰りはアップ!?
なんてことをブツブツ言い合いながら入渓点へ到着。
しかし様子が変。ちゃらちゃら細い水でポイントもなし。わんさんが言うには水質が悪く生命感が感じられない
とのこと。
2,3投して無論反応がないので、ここは英断!

「引き返そう・・・」

ということでもと来たアップの登山道をもどり、午前はプチ登山と相成ったわけです。
これぞ新規開拓の暗の部分ですね・・・

みなさんこんな苦労をしながら自分の渓を見つけてるんだろうな~と感慨深くなったりして・・・


b0177355_21375788.jpg

というわけで本日二本目の登山道(笑)

午後はどうしようかあれやこれ二人で悩んだけど、疲れで決断力がなくなって最終的に決めた渓。
有名河川だけどお昼まわってるし何とかなるでしょう!自分も初めての渓だった。

林道や登山道からのぞくとそこはパラダイスに見えた。もちろん午前中の失敗があるからなおさら。
水量も豊富で石も大きい。

歩きながらテンションも上がり、期待は膨らむがいかんせん足跡だらけ。

b0177355_21374396.jpg


浅いヒラキで走る魚影もないし、二人のフライにも反応がまったくない。

b0177355_2138451.jpg


しかしいい瀬です・・・。

どんなポイントからも反応がなく、二人の脳裏にはコールドゲームの文字が・・・

しばらくするとゴルジュ帯の通らずがいくつかあって、巻いたりしたけど変わりなかった。

b0177355_21374918.jpg

(わんさん撮影ありがとうございます)


これまで自分は人から聞いて初めて行った渓はあったとしても、地図を見て自分の足で新たに探すということはしたことがなかった。
通っている渓は思い入れのある場所だし、そこそこ実績もある。
なかなか釣りに行けない休日が多いとどうしても堅実さを選択してしまっていた。
まあそれはそれで楽しんではきたのだけど、新しい場所での新鮮なドキワク感がなかったことも事実だ。

釣りの醍醐味というかおもしろさは新規開拓でさらに広がるでしょう。
もちろん今回みたいに失敗することも多いだろうけど、素晴らしいところにあたったときの感激は何とも言いがたいと思う。

フライフィッシングを始めて今年でまだ4年目ですが、来シーズンは少し自分の足で新しいフィールドを切り開いていこうかなと思います。
渓流の釣りに関してはとても恵まれた環境にいるので、それを活かしてまた違った楽しさを見つけていきたいです。

今回の釣行でそんなことを開眼させてくれたわんさんに感謝です。
しかし東北へ遠征で来てくれて、しかも新規開拓をしようと持ちかけるとはめちゃめちゃ釣りのバイタリティー
があるなあ(笑)






↓負けるな東北!!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
by pukupukurin824 | 2011-09-13 00:20 | flyfishing