フライフィッシングやほのぼのとした日常を綴ります。


by pukupukurin824
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

そして盛期へ・・・

b0177355_2145199.jpg

先週は釣りに行ったので、今週はおとなしくしていました。
土曜日はカミサンが仕事だったので、一日中子供と遊んで、洗濯物をたたんだり、子供の
靴を洗ったりと家事も手伝ってたわけで・・・



そんな土曜日のガンバリが伝わったのか、日曜日の朝子供とポケモン・カードバトルをしていると、
『お昼までだったら釣り行ってきていいよ。』
と言ってくれました。

『はい、よろこんで!』(笑)

と二つ返事で、お気に入りの場所に車を飛ばしました・・・

少し汗ばむような気温のもと、窓全開で好きな音楽をかけながら、アクセルを踏み込んだ。

渓に着くと、おとといの雨の影響か、濁りが少々。

それでもまばゆいばかりの緑の中で、ラインを伸ばしていった。

b0177355_21395021.jpg



濁りの中からでも、浮上しフライを追ってくれました。

b0177355_21395892.jpg


ちょうど8寸くらいでしょうか、サギにでもやられたのか、傷が痛々しく、すぐに放してやりました。

そしてこの日は岩魚がオンの日らしく、反応が多かった。
今シーズン初の岩魚は、岩魚らしく力強くてティペットが張り詰めました。

b0177355_21395417.jpg


時間が経つにつれ、少しずつ濁りが薄れてきて、魚もユラユラと上を見ています。
アダムスのパラシュートで見切られると、CDCソラックスダンに替えて・・・

b0177355_21394254.jpg


一週間ごとにサイズも少しずつアップしていくような・・・


そして、とある淵にて・・・

バブルラインのヤマメに手を焼きながら、ひとしきり楽しんだ後、奥の小さな巻き返しにフライを
乗っけて、ちょうどくるっと回ったところですっと静かに消えた。

魚が反転したのを見て、合わせると重くて強い感触がロッドに伝わった。

姿は見えないが、岩の間に潜ろうとするのをいなしながらやっと顔を出させて・・・

b0177355_21394571.jpg


b0177355_21393499.jpg


この小さな渓では驚きの32センチでした。(もうちょいあるかな?)
昨年は友のHさんが同じポイントで釣ったので、おそらく同じ魚だと思います。
そのときはちょうど尺みたいでしたので、来年は尺2寸くらいになっているでしょうか・・・

小さな竿抜けのようなポイントで、大水が出ても釣り人が来ても、長年じっと耐えていたのでしょう。


b0177355_21393733.jpg


きっかり2時間半楽しんで、爽やかに渓を後にしました。

『よし、帰って子供と自転車の練習するか~』

遠く上流のプールに目を細めると、ライズしているのが小さく見えた。





↓がんばっべ東北!!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
by pukupukurin824 | 2012-05-20 23:04 | flyfishing