フライフィッシングやほのぼのとした日常を綴ります。


by pukupukurin824
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

快!ウエットウエーディング&ラッシュ!

b0177355_22412126.jpg

今年は濡れるウエーディングです!速乾のタイツとショートパンツ、そしてゲーターがあれば夏スタイルの出来上がり。





水温は14℃、足を流れに入れると爽快な冷たさの水がひざ下からソックスの中までゆっくり入ってきました。

「この感じか~!」

と一人にやけながら、ザブザブと渓を渡っていきました。

ウエーダーを履かない身軽さと、爽快感、そして冷たい水の気持ちよさ!
これはちょっと病みつきになりそうです。

b0177355_22411636.jpg


速乾のウェア類だから、快適だし、ソックスが濡れることはあまり気になりませんでした。


この日は先日の開拓の少し上流。
岩や石も多くなってきたけど、ん~あまり魚の気配が感じられない・・・

ポイントは深場が多く、ヒラキにも魚は出ていませんでした。

b0177355_22403392.jpg

巻きでもない、止水のようなプールにいた尺。

b0177355_22583491.jpg

とてもいい感じなんだけど、ここぞというポイントからは反応がありませんでした。

結局、4時間歩いて4尾。
でもそのうち2尾が尺岩魚でした。この日はそんなに活性が上がる日ではなかったのでしょう。
集中力が切れそうなところでやっと反応があるといった感じなので、服装と合わせて軽快にとはいきませんでした。
長く懐の深い渓ではあるので、楽しみではあります・・・

b0177355_22403842.jpg

こちらは32センチ!
寄せてランディングネットを出すとそれを見て驚き、またさらに上流へ走り、深場の岩の下に潜り込もうとします。
この渓の岩魚は頭がしゅっとしていて推進力が強いのでしょうか、かなりパワフルに走りロッドを曲げてくれました!


そしてお気に入りの渓へ。

この日もウエットウエーディングが気持ちいい日。
しかも浅いヒラキからは、岩魚が群れで走ります。

なんだかいい予感・・・

・・・のとおり、いたるところから岩魚がフライに飛びついてきました!
9寸サイズが瀬で豪快にライズを繰り返す・・・

これは圧巻でした!

b0177355_03357.jpg


b0177355_22394174.jpg

これは大きい岩に片方のヒレをくっつけて泳いでいた尺。

フライは#11のピーコックパラシュートのみ。フライのドレッシングがままならない・・・
そんな日に当たってしまいました!


そして最後、水面もおだやかなゆっくりとした巻き返し。
突き出た岩の内側はえぐれており、その深さを示す「色」は何ともいえない「いい色」

手前からフライを送り込むとその「いい色」の深みにゆっくり近づいていき、すっと消えた・・・

b0177355_22395240.jpg

35センチ!

ネットの内径が27センチなのですが、写真ではわかりにくいかもしれないけど、魚も太くてズッシリです。


大雪が森や渓に与えた影響ももちろんあると思います。
かと思えばしんと静まり返る日もあります。

ですがこのような素晴らしい岩魚たちに出会えた、時期や時間、そして水の流れに感謝します!

どうもありがとう!







↓がんばっべ東北!!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by 正平 at 2012-07-25 07:57 x
うーむ、こちらは水温20度ですよ。
水がなんかぬるいんですよね。
完全に鮎モードです。

この暑さで水温14度は羨ましい。
Commented by わん at 2012-07-25 18:49 x
いやいや凄いなぁ。アッパレだ!!
どんどん上達されて、結果も伴ってますねー!
行ってないから分からないけど、1ツ目の川は捉えどころない中で
いかに岩魚の住所を見つけるかって所は僕好み。キャスティングレンジも長そうだし
また楽しみが増えたね!
残念だけど今年はタイミングが合わなかったなぁ。
Commented by pukupukurin824 at 2012-07-26 21:04
>正平さんへ

20℃って渓流魚は大丈夫なんでしたっけ?
冷たい水を求めて人間も上流を目指すって感じです。
こう蒸し暑いとまた行きたくなってきます!
Commented by pukupukurin824 at 2012-07-26 21:11
>わんさんへ

キャスティングなんかまだまだですよ・・・
このときもオーバーターンしすぎで、フッキングできなかったのいくつもあったし。
確かに最初の渓は岩魚の付き場を探すのが逆に面白いかもね。
「こんなところに!?」
というパターンだったからな~
今期はピークが2週間くらい遅いかな?
Commented by KID at 2012-07-31 09:03 x
ぷくぷくりんさん、こんにちは。

河畔の木々が日陰を作る理想的な盛夏の渓流風景。如何
にも大物が潜んでいそうな雰囲気を感じます。
2枚目の写真、プールでの尺とのやり取りは最高だった
ことでしょう!そして35cmは圧巻ですね!東北の渓流
の奥深さ、素晴らしいです!
イワナを釣ってて思うんです。住む環境によって体色が
本当に様々。面白いですね(^^
Commented by pukupukurin824 at 2012-08-01 11:39
>KIDさんへ

プールでのやりとりは面白かったですね!
岩魚の引きがかなり強いので楽しめました。
大型の岩魚が出てくるのは、その渓自体がスイッチ入っているときですね。
うまくそういう日に当たりました♪
あと岩魚の模様や体型なども確かに違いますよね。
一本目の渓では頭が小さくて、ちょっと砲弾のようで、二本目では頭がでかく口も鼻が割れてます。
どちらかといえば、後者のほうがごつくて自分は好きです。
by pukupukurin824 | 2012-07-25 00:15 | flyfishing | Comments(6)