フライフィッシングやほのぼのとした日常を綴ります。


by pukupukurin824
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アリとアブ

b0177355_17272455.jpg

渓流祭りの岩魚つかみどり大会です!初めて参加しましたが、すごい人です・・・
魚より多いんじゃね?




よく見ていると魚たちは人間の間を縫うように泳いで、逃げ回っています。
つかみどりはご存知のとおり泳いでいる魚をパッとかっこよく捕まえることは不可能で、
石の下に逃げて隠れているところを両手でぐっと捕まえます。

大き目の石の下って底との間にちょうどいい隙間があって、魚たちが隠れるのには絶好な場所
だと思いました。

b0177355_17272844.jpg


ちょっとまだ難しいよね~

なんとカミサンが4匹で、男3人はボーズでした・・・

b0177355_1727217.jpg


捕れた岩魚やニジマスはその場で焼いて食べました。
このデカニジもどなたか食べたのだろうか・・・


b0177355_1727571.jpg

それでその数日後、つかみ取り会場の上流。
会場から何キロも離れているから残った魚・・・というわけではないのですが
かなり水が少ないです。

それでも浅いヒラキから走る魚影が確認できたので、状況はそんなに悪くないようです。
しかしアブが・・・

大発生というわけではないけど、います。
あまりひどいときは、ネットをかぶってグローブをします。
歩いているときや風が吹いているときは、いいのですが止まると囲まれます。

アブが寄ってくるのには諸説ありますが、『プレデター』のようにサーモグラフィーセンサーの目になっていて、
ジャングル・・・いや森の影に潜んでいて熱を持った獲物が来るといっせいに攻撃をしかけるのではないか・・・

薄手のシャツの上からも平気で噛むし、グローブとシャツの袖の1センチくらいの肌を狙ってくるので、
やっぱり最悪です・・・

対策としては、チクッとやられたら少し強い虫刺されの薬をすぐ塗ると、ほとんどひどくなりません。
残念ながらこれくらいですかね。

釣りはというとこの渇水の時期にしては、上々でした。
巻きや瀬のバブルラインを流すと、良型が出てくれました。

b0177355_1829088.jpg



b0177355_17265878.jpg


9寸や泣き尺、そして尺岩魚も2尾ほど。

b0177355_1727897.jpg

この日はこの#15のアントを面白いようによく食べてくれました。

やはり今年の豪雪の影響なのか、夏も楽しめております・・・

b0177355_1727271.jpg



アブも例年より遅れているのかどうなのか、少ない感じでした。

トンボがたくさん飛んでいたな~
もう秋に進んでいるのでしょうか・・・
b0177355_1726531.jpg


そういえばアブの天敵はオニヤンマだっけかな~







↓がんばっべ東北!!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
by pukupukurin824 | 2012-08-10 18:30 | flyfishing